IchigoJamを動かす

ichigojamのハーフキットをはんだ付けで作りLEDを点灯させてみました。

基板上のLEDはBASICでLED1と入力すると点灯します。これでは面白くないのでラズパイの時に使っていたブレッドボードを持ち出しLEDを点灯するようにしてみました。信号機を点灯させるサンプルプログラムが上がっていたので基板上のスイッチを押すと赤信号から

prog1.png青信号になり点滅して赤信号になる、歩行者用信号のプログラムにしてみました。

ichigojamは完成品も売られていますのでテレビとUSBキーボードアンドロイド用の携帯充電器があればすぐに動かすことが出来ますし、スターターセットも5000円位ででてますのでお子様の夏休みの工作の候補にもなりそうです。

これから温度測定をしてインターネット上のクラウドでグラフ化できるところまで作っていく予定なのでまた状況をアップします。

ictkuma について

約40年間のコンピュータ関連企業での経験を生かし、ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)を活用した経営改革を支援することにより、地元地域の活性化に貢献します。
動画 | カテゴリー: お知らせ パーマリンク