持ち運び可能な蓄電装置を作ってみました(その2)

昨日に続いてソーラー発電&蓄電の仕組みについてちょっと記述してみます。

20150902_033141244_iOS

1枚めの写真は薄曇りで若干太陽がみえるときの写真です。0.62Aで充電しているので今回のシステムのバッテリが20Ahから想定すると約30時間強でフル充電できますので一日5時間ぐらいの充電では6日かかり実用上厳しいです。ここ数日のように雨が続くと非常用電源だけならまだしも、他に利用することを考えるとバックアップの充電方法も検討しなければと思い始めてます。

20150902_033211216_iOS

午後から快晴になり充電電流も1.14Aまでアップして順調に充電しています。これだと3日程度でフル充電も可能なのでこんな天気が続くことを祈ってますが厳しそうです。

この辺りの数字から考えると1日平均6Ah程度(72Wh)ぐらいの利用で行くと充放電のバランスが良さそうにおもいます。ロスを考慮すると難しくなるのでおおまかに20%ロスすると想定するとと60Whぐらいの利用は可能なのでiPhone6のバッテリ20150902_060154653_iOSーが1,810mAhなので電力にすると7Wh弱なので余裕です。使っているモバイルルーターは3、600AhなのでほぼiPhone6の倍で13Whぐらいでこれも大丈夫です。あとプレゼンで使っているMacBookAirも3日に一度くらいは充電可能なのでアバウトに考えていた時より結構使えそうです。

あと、作業で残っていたコネクタも本日部品屋さんへ行き購入でき、下手なハンダ付けをしました。これで一応完成したので使い方のレポートをその3で書いていきたいです。

ictkuma について

約40年間のコンピュータ関連企業での経験を生かし、ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)を活用した経営改革を支援することにより、地元地域の活性化に貢献します。
カテゴリー: お知らせ パーマリンク