SHINSHU BRAND WAVEセミナーを受講してきました

8月3日信州ブランドセミナーを受講してきました。

http://shinshubrandwave.jp/seminar/

株式会社キノトロープ生田先生のWebブランディングで気になったキーワードは

  • Webサイトはお客様の問題解決サイトであり満足体験の繰り返しによりお客様のアドバイザーとして信頼関係を構築する
  • Webサイトはお客様にどんな体験をしてもらうかの『サービスの場』である
  • トップページは直帰率が高い→Googleがトップページ
  • 閲覧行動も時間とともに変化している
  • コンテンツファーストの時代になってきている

第二部はアジャイルメディア・ネットワークの徳力先生の話ではアンバサダープログラム(マスの認知よりも、一人の気持ちが動くかどうかを重視する)について話をされました。

ソーシャルメディアは不特定多数の認知獲得は苦手、短期間の話題盛り上げは苦手で共感を得てもらいファンになってもらうのが向いており、さらにアンバサダーになってもらい口コミで広めてもらうようにしていくやり方がいいとの話から、アンバサダープログラムの考え方、事例の説明をされました。

第三部はヤッホーブルーイングの井出社長の話はベンチャーのブランディング事例を話をされました。

目に止めてもらい、強く記憶してもらい、口コミで広めてもらう為に業界初、インパクト、ユニークの三つの要素をすべて含むようにしているから始まり、ブランディングを商品開発事例でされました。

前々日のライフネット生命保険の出口会長の話と合わせ大きな刺激を受けました。

ictkuma について

約40年間のコンピュータ関連企業での経験を生かし、ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)を活用した経営改革を支援することにより、地元地域の活性化に貢献します。
カテゴリー: お知らせ パーマリンク