中央アルプスビジネスフェアに行ってきました。

3月5日、6日に伊那市勤労福祉センター体育館で開かれていた「中央アルプスビジネスフェア2015」の見学に行ってきました。今までは加工業の展示が主体だったように記憶しているのですが、今年は省エネに関係している展示が増えていたように感じました。

興味をもったものを幾つか紹介すしたいとおもいます。まず第一は(有)笑栄システムの小型の組み込み型パソコンです。AtomCPUでマイクロSSDを使用しておりDSC02175、消費電力が7Wから動作して太陽光発電でバッテリーに蓄電し電気の来ていない所、例えば畑の監視用のコントローラーとしても使えるのではと感じました。

2番めは信DSC02173州自然動物が多いのでくくり罠という、動物を捕獲する罠が二箇所展示されてました。また別のブースですがセンサーで感知し動物が罠にかかると携帯に通知する仕組みもありました。

その他にも、電動バイクを作られている会社も出店されておりなかなか興味深く見学できて、また次回も見に来ようとおもいながら、現地をあとにしました。

ictkuma について

約40年間のコンピュータ関連企業での経験を生かし、ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)を活用した経営改革を支援することにより、地元地域の活性化に貢献します。
カテゴリー: お知らせ パーマリンク